日常の喜怒哀楽を写真付きで綴るエッセイ

重箱の隅をつつく「達の記録館」表紙 タツハチドットジェーピー

最終更新日 2019年12月12日

「憎悪の旗」ときましたか

12月9日、韓国政府は公式Twitterで「旭日旗は憎悪の旗だ。平和の場である五輪で、応援旗として使われてはならない」と投稿。

旭日旗は憎悪の旗

このTwitterに対し、茂木敏充外相は10日午前「わが国の立場と相いれず、極めて残念だ」と述べ「旭日旗は古くから日本社会に根付く旗」と韓国政府に伝えた。

そのとおり。

2012年頃から始まった韓国人の言いがかり。

韓国人たちは旭日旗について「旭日旗は侵略戦争に使われた旗」といいますが、その言い分が正しいなら、旭日旗よりも「日章旗(日の丸)」でしょうが!!

公式Twitterで『憎悪』とまで言えるなら旭日旗日章旗も侵略戦争に使われた旗』となぜ言えない。

なぜ、日章旗を抜く!!

さて、次のお話。

12月12日、ラグビーワールドカップ日本大会で、史上初めてベストエイト入りした日本代表による「ONE TEAMパレード~たくさんのBRAVEをありがとう~」が、東京都千代田区の丸の内仲通り(有楽町電気ビル前~丸ビルの約800メートル)で行われ、ファンなど5万人もが詰めかけました。

ラグビー日本代表 パレード

ベスト8でも凄いことです。

桜のユニフォームを着て日本中を熱くした彼らへ感謝を贈ります。

本当にありがとう。

春には是非「桜を見る会」にも出席してください。

彼らは相応し、あっ、野党が騒ぐから来年はなくなっただっけ...

チームのみんな「招待されるはずだったのに」と影で言ってると思います。

真の功労者もガッカリさせる憎悪の桜 日本共産党。

2019年12月12日 07:16

***@tatsu8.jp  カウンター since.2000.11.10