日常の喜怒哀楽を写真付きで綴るエッセイ

重箱の隅をつつく「達の記録館」表紙 タツハチドットジェーピー

最終更新日 2020年1月16日

おせち料理の「黒豆」終了

部屋で珈琲しながら黒豆を食べる至福の時間も今日で終わり。

食べ終えるにあたり、最後に記念撮影をしました。また来年...

黒豆

という訳で、最後になると、毎年ガッカリした口調で「とうとう黒豆が終わってしまう。めちゃめちゃ悲しかぁー。あぁーぁ... あぁーぁ... あぁーぁ...」と、相方に聞こえるよう独り言をブツブツ言います。

すると相方は「また焚いちゃーけん」とは言うには言うのですが、この二十数年、正月以外に1度も作ってくれたことはありません。

私なんて、1年間で730回以上は珈琲を淹れているっつーのに...

ちなみに、おせち料理には様々な願いが込められています。

黒豆が入っている理由は「まめに働く」「まめに暮らす」という意味があります。

まめだけに豆知識。

尚、まめに働いているかと聞かれると自信はありませんが、まめに暮らすため”まめに珈琲を淹れている”ことだけは自信があります。

珈琲も豆なのよ。

まかしとけ!! (^_^;)

 

2020年1月16日 01:20

***@tatsu8.jp  カウンター since.2000.11.10